食を学んで調理師やバリスタを目指す|専門学校で資格も取得しよう

カフェで仕事するなら

女性

現在の日本には数えきれないくらい多くのカフェがあり、美味しいコーヒー等を堪能する事が出来ます。こうしたカフェはお洒落で人気が高く、実際に自分でカフェを開いたりカフェに勤めたりする人も少なくないです。カフェの仕事と一言に行っても様々ですが、その代表的なものとしてバリスタという仕事があります。バリスタとはカフェ等において、コーヒーを淹れるという作業を専門的に行う仕事の事を言います。コーヒーを淹れるというと単純な仕事のように思われますが、多くの知識や経験が必要とされる仕事になります。なぜならコーヒーと一言に言っても、エスプレッソを始めとする豊富な種類がコーヒーにはあるからです。種類によってコーヒーの抽出方法等も異なってくるので、その全てをマスターしていないとこの仕事をするのは難しいと言えます。

バリスタはコーヒーの専門家なので憧れている人も多く、実際にこの仕事に就くために勉強を重ねている人も少なくないです。バリスタになるためには専用の資格が必ず必要というわけではなく、実際にカフェで多くの経験を積んで独立するという人もいます。また現在では専門の養成学校も多く存在しているので、そういった学校で知識や技術を身に付けるというのも有効な手段だと言えます。それ以外にもより専門的な技術を身に付けたり経験を積んだりしたい場合には、海外で本場のカフェで修行するという方法もあります。ちなみに上記したようにこの仕事では必ず資格が必要なわけではないですが、専用の資格を取得するのも有効だと言えます。専用の資格を持っている事は知識や技術が一定以上である事の証明になるので、カフェ等からの信頼度が高くなります。

食の専門家を目指すには

料理人

調理の専門学校の特徴は一年制、二年制、夜間部があり、社会人などその人にあったクラスを選べることです。通う目的、メリットとしては調理師免許を取得できるほか、幅広い知識と技術を徹底的に学べること、卒業後の信頼度が増すことが挙げられます。

シェフになりたい人も通う

ウーマン

美味しい料理を作る上で専門知識は欠かせません。自分でお店を構えたい人や専業主婦として料理の腕前を上げたい人は、調理関係の専門学校に入学しましょう。専門学校で勉強すれば現場で活躍してきたシェフから有用な技術を学べます。

飲食店で独立開業を目指す

飲料

プロが経営する飲食店には、対価に見合うだけの美味しいコーヒーが要求されます。それを効率よく身に着けるのに最適なのがバリスタの学校です。ここでは勤めるだけでは学べない技術と知識が勉強できるので、それが受講する生徒に支持されています。

このエントリーをはてなブックマークに追加